視聴者側を考える

ただ出演すれば良いというわけではなくてちゃんと見てくれている人をファンにつけれるかなどを考えて行動しましょう。

オリジナルティを見せる

今は多くの女性がエッチ動画業界に出演して色々な作品に出演しております。その数は何十万ともいわれているぐらいですから作品を作る側や配信する側はウハウハですよね。

しかし、出演する女性もウハウハなのか?と言われたらそうではありません。むしろかなりの窮地に立たれているといってもいいでしょう。とくにお金に困っていないで出演する人がかなり増えてきたことで本当にお金に困っている人が出演料を減らされてしまうということに繋がるのです。

今は海外旅行のためとか留学、果てはブランド物が欲しくて出演を決めたとか、彼氏に押し進められて半ば強引に出てしまったという人もいらっしゃるぐらいです。お金に困ってしまって仕方なく作品に出るしかないという人からしてみれば煙たい存在であることには変わりませんが、それでもそういった状況の中で勝ち残っていくしかありません。

さらに言えば今は芸能人やレースクィーン、読者モデルといったような話題に上がる肩書きを持った女性の出演が目立っています。というのは今は人で溢れているのが問題で話題性を作りづらいのです。そうなったときに先に述べたような肩書きを持っていると話題性に上がりやすいですよね。

この業界はそういった話題性が重視されることがありますから一般の人がav業界で働こうとするとなるとものすごい努力が必要となるのです。

そんな中でこの業界に入ることを決めたのであればやはり自分らしさだったり自分だけの魅力というのをアピールしなければいけません。少なくてもいいのでコアなファンを見つけることが大切です。そのためには演技力を身につけて自分がどう見られているのかを常に研究していかなければ勝ち残っていくことはできないでしょう。

自分は可愛い系なのか綺麗系なのか、おっとり系なのかキリっとしているように見られるのかなど、客観的見地に立って自分を分析して分析したらとことんそっちの道に進むしかないでしょう。メイクや服装などもそういったものにメイクアップしていきましょう。

この業界に入るのであれば日々自分を努力を怠らないようにしましょう。

ページのトップへ戻る